マインドマップで「対話」しませんか?

マインドマップ

残暑お見舞い申し上げます。
本日は終戦記念日、台風に見舞われている地域もありますね。
どうぞお気をつけ下さい。

お盆休み、そしてお子さんのいらっしゃるご家庭にとっては
夏休みも折り返し地点を過ぎました。

「宿題が終わっていな~い」というお子さんのことが気になる~
という親御さんも少ないないかもしれません。

松岡克政(まつかつ)が娘さんとの6年前のやり取りを振り返って
いますので、よろしければ参考にしてみて下さい。

お子さんとの対話だけでなく、お盆休みで日々の作業に追われない分、
マインドマップを描いてご自身と向き合う、ご自身と対話してみるのも
いいタイミングですね。

 

マインドマップを活用しての娘との会話。めずらしく長文で語っています^_^2013年だから6年前の事ですね。

松岡 克政さんの投稿 2019年8月14日水曜日

小6の娘との夏休みマインドマップ対話。
スタートから対話と追加とを繰り返しながら、よりよい時間の使い方を一緒に考える作業。

子供とのやりとりではハッとさせられる学びの「見えない階段」が浮かび上がる時が多い。

いろいろあるので、
あとでコメントしたいところ。
↓  ↓  ↓  ↓

コメントします、珍しく(笑)

結論としては、マインドマップの大原則
「Imagination&Association」に尽きる、ということなんですが。。。

マップを活用したコミュニケーションの具体的なやりとりを
頑張って書いて見ました。
よろしかったらお読みください。

***

───────────────────────
1)最初のマップ(左上)
───────────────────────

書き始めでは、
彼女は「自由研究」しか書いていなかった。

「他にはないのかな?」と聞いたけど、なかなか出ない様子。

私:「じゃあ、お手伝いとか趣味とか、、、とりあえず大きなところを書いてみてごらん」

娘:「うーん」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<<<ここでの気付き>>>
自分の全体像を俯瞰して捉える視点があるかないかが大事。
そして、それがあるならば、まずTODOを考える際は
その全体像から書いてみること、発想してみること。
「思考の枠組み」をよりきれいに設計しておくこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

───────────────────────
2)話し始める時(真ん中)
───────────────────────

最初よりも多少広がったので、まず一言

私:「やるべきこととやりたいこと、結び付けられること、何かないかなあ?」

娘:「うーん、わかんないよぉ」

私:「みい(娘のニックネーム)は何が好きだっけ」

娘:「食べること関係」

私:「それ関連のものを結んでごらん!」

娘:「ああっ!」 〜オレンジの蛍光ペンで関連項目を結ぶ〜

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<<<ここでの気付き>>>

<共通項><関連事項><グルーピング><大事なポイント>等を
常に意識できるようなマインド。
そのためには、「楽をして」「もっと、、、(早く、強く、深く、たくさん、、、、)」
という「欲求」が何よりも大事。
しかし、それはすぐには芽生えない。
だから、一緒に考える。当人に気づかせるように誘う。
そうすると何が起きるか?
当人の中で「!!!」という気付きが起きる。
脳に快楽物質が流れ、それを繰り返すうちに、「!気付き!」を得るように
思考するようになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

───────────────────────
3)一緒に話しながら追記(右下)
───────────────────────

ここは全体的に「Imagination&Association」を
抽象 ⇒ 具体的 に向かわせる。
その際、その人の思考特性に応じた要素、
例えば<感情><ニーズ><ウォンツ><作業時間><個別化>等々を活用し、
スムーズに思考が進み、連想が広がるように誘っていく。
みつけたらどんどん追記していく。
大事なところは強調する。
すべてを一緒に、対話の中でリアルタイムに進めていく

写真の解像度が低いのですが、
具体例がないとわかりにくいので、例えば3項目ご提示します、、、

右上の[自由研究>手芸]のブランチの一番外側のピンク色。
これは宿題にかかる時間を書き加えています。

私:「ビーズの宿題はどのくらいかかるの?」

娘:「うーん、ちょっと時間かかるなあ。3日くらいかな」

私:「じゃあ刺繍は?」「小物入れは?」、、、

娘が答える。

私:「結構時間がかかるねえ。夏休みはあとどのくらいある?」
「間に合いそうかな?」

・・・途中省略・・・

右真ん中の[自由研究>レポート]のブランチ。
ここは[キューピー3分クッキングの店]と書いてありました。

私:「これなあに?教えて」

娘、雑誌を持ってくる。

一緒に見ながら、青色で主要な項目を書き加える(たいていは5W1Hに含まれる)

私:「みいは食べ物がほんとに好きなんだね。」
「ところで他にも何か食べたいものある?」

娘、いろいろ話してくれるのを上部のブランチ[食べる]に追加

私:「じゃあさ、父さんのオフィスに来るときに一緒に食べようよ!」 ←アルバイトの誘い(笑)

これにより、左の[手伝い>父>オフィス]いおレンジの四角の囲いをして、蛍光ペンでの矢印を強化

・・・途中省略・・・

右真ん中の[ピアノ]のブランチ。
ここは時間を取りました。
6年間習っていますが、時間がある夏休みに、
自分の欲求をふくらませて、自発的に取り組めたらいいなと思ってのことです。

私:「みいはピアノをどんなふうに弾けたら嬉しいのかな?」

娘:「うーん、、、、、、」

私:「気に入った曲を感情豊かに弾けるとか、速い曲をひけるとか、
ある作曲家の曲を弾きこなしたいとか、、、とか、、、とか、、、」

娘:「ああそう! 楽譜があったら、その曲をさっと弾きこなしたいんだよ、みいは!」

私:「なるほど、そうなんだぁ。それができたら素敵だよねえ」
「例えばどんな曲が弾けたら嬉しい?」

娘:「うーんとねえ、、、、 ああ、例えば、本棚にあるコブクロの「つぼみ」とか、、、」

私:「なるほどね! じゃあ、先生にそういうことを伝えてみたらどうかなあ?」

注:ちょうど先日ピアノの先生を変えて、より自由度が高い(カリキュラムに絞られていない)ところに行き変えたところでした。

私:「そのためには何をしたらいいと思う?」

娘:「今学んでいるブルグミューラーのひとつひとつを早めに終わらせること!」
「ああ、そういえば、、、」

と言って、その教科書を持ってくる。

一緒に見ながら、
私:「25曲あるのかあ。1曲あたりどのくらいかけているの?」

娘:「うーん、だいたい1ヶ月くらいかな。今まで10曲終わっているね」

私:「じゃあ、これから1曲あたり1ヶ月でやると、
順当に進むと15ヶ月だから、中1のクリスマスまでには終わるんだね」

私:「他にはコブクロの「つぼみ」を弾けるようになるためのポイントはなあに?」

・・・途中省略・・・

私:「ところでこの教科書のうまい活用って知ってる?」

娘:「えーっと、、、」

私:「この前教えたフォトリーディングをまず使うだろ。」
「その際、一番大事でみんなが見過ごしているのは、、、、」

娘:「なんだっけ???」

私:「それはね、まえがきのところを毎回しっかり見ることだよ。」
〜うんちくを語り、実際に一緒に読んでみる〜

パラパラめくりながら、

「前半に各曲のポイントがあるじゃん!
一緒に見てみよう」

・・・続く・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<<<ここでの気付き>>>

上記記述を繰り返します。

ここは全体的に「Imagination&Association」を
抽象 ⇒ 具体的 に向かわせる。
その際、その人の思考特性に応じた要素、
例えば<感情><ニーズ><ウォンツ><作業時間><個別化>等々を活用し、
スムーズに思考が進み、連想が広がるように誘っていく。
みつけたらどんどん追記していく。
大事なところは強調する。
すべてを一緒に、対話の中でリアルタイムに進めていく。

自然に相手が「考える」ようになります。
そこが私のやり方のポイントかもしれません
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

終了後、

私:「どうだった?」

娘:「えー、、お父さんと話すと長いぃぃ (笑)」

私:「そうだよね。お父さんもお仕事行かなくちゃな時間だよ」

だいたいここまで30分超

私:「やる前と比べて何か違いがあった?」

娘:「疲れたぁ」

私:「マップの最初と比べてごらん。」
「だいぶ違うでしょ」

「きっと色々<考えた>と思うよ。」

「お父さんと一緒にいると<考える>ことが出来るようになるでしょ」

娘:「うん」

私:「考えるのってどう?」

娘:「まあ、悪くないね」

私:「そっか、よかった。」
「学校の勉強とは違う学びというのをまたやろうね!」

「じゃあ、いってきまーす」

以上!!

いやぁ〜〜〜、文章にするのは時間がかかりますねえ。
録音もしてあるから、
それを公開する方が楽だったかも。

乱文駄文すみません。
少しでもマップを書く中での「見えない思考の階段」のヒントがみつかれば幸いです!

【年末年始イベントのご案内】

ほしい未来へ前進するためのスキルとマインドを体感する2日間

2019年12月15日(日)開催
2019年「年末振返りイベント」
〜自分株式会社の決算書をつくろう!〜

13:00〜16:30 東京都内で開催します!!

2020年1月12日(日)開催予定
2020年「年始計画策定イベント」
あなたの「人生テーマ」は何ですか?〜2020年からの自己探求プランをつくろう〜

10:00~18:00 都内にて開催予定。


Udemyオンライン講座/マインドマップ本質講座

公認マインドマップシニアインストラクター・松岡克政の
マインドマップ講座をオンラインでもどうぞ!

マインドマップ本質講座/Udemyオンライン講座

☆人生100年時代☆

後戻りしない変化と自ら動き続けられるチカラをつけて、仕事も暮らしも楽しみませんか!

トップリーダー養成塾


3回シリーズでTL塾体験会を開催しました

体験会は終了いたしました!開催報告は以下リンクから!

新しい出会いで、仲間とともに、一度立ち止まって、
脳内に、身体に、新しい空気を入れてみませんか?

5月26日開催 体験会Vol.1「仕事を再定義する」は終了いたしました。

体験会Vol.1の開催報告はコチラから

6月30日開催 体験会Vol.2「自分を再定義する」は終了いたしました。

体験会Vol.2の開催報告はコチラから

7月28日開催 体験会Vol.3「学びを再定義する」は終了いたしました。

体験会Vol.3の開催報告はコチラから


その他の楽しくも深い取組み一覧は下記ボタンからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

イベントリスト

メールマガジン

ご興味ある方はメールマガジンをご登録くだされば嬉しいです。不定期でお送りしています。もちろん解約はいつでも可能です。開催スケジュールや詳細が決まり次第、メルマガや本サイトでご案内致します。

フォームに必要事項をご記入していただくと、メールマガジンを配信します。