mindmap/マインドマップ、ストレングスファインダー、フォトリーディング、速読、トップリーダー養成塾など様々な講座・ワークショップを行っている「まつかつ(matsukatsu)」によるクリエイティブな個人と組織を創出するためのブログです。

MatsuKatsu-PARK

言語化しにくい、でも届けたい、そんな気持ち。

言語化しにくい、でも届けたい、そんな気持ち。

 

先日、トップリーダー養成塾4期が無事に盛大に終了しました。

総勢30名近い皆様と素晴らしい学び合いをさせていただき、心から感謝しています。

興奮冷めやらぬまま、しかしあっという間に時間が経ってしまう中で、
私、松岡の今の思いもお伝えしておきたいなと考え、
少しだけ考えを述べさせていただきますね。

***
僕らのトップリーダー養成塾(以下は<塾>と記載)の『場』では、
不思議と誰もが仲良く打ち解け、
真剣に考え、話し、聴く、書くという行為を自然にしています。

 

ただ、とっても残念ながら、この『場』の感覚は、
言葉でお伝えするのは難しい、というのが、
受講生や参加者からの声でもあります。

実際、殆どの受講生は「すっごく良かった。でも説明しにくい」と言われます(笑)

なぜ、塾のことを伝えるのが難しいのか?

それは、
理論ではなくて体験だからです。
誰かの考えを学ぶのではなくて、あなた自身を高めることだからです。
理屈ではなくて共感だからです。

現在進行系のあなた自身の進化プロセスを言語化するのは
結構難易度が高いですよね。

 

また、
実際に多くの受講者(OB達)が、「塾はすっごく魅力的だ」ということで、
OBになってからもサポートスタッフや応援に集ってくれます。

なぜ、塾は魅力的だと彼らが言うのか?

それは、
お仕着せのことをするのではなくて、自分達が真に望むことができるから。
役割を演じる自分ではなくて、強みが自然に湧き出る取り組みをしてしまうから。
ここには否定や間違いが一切ない、伸び伸びとできるから。

***

 

ここからが大事なことです。

実はあなたは塾の取組みと同様のことを
今までもやってきたし、今もやっています。

ただし、多くの人は職場以外のところで、、、、
あるいは、「昔はやっていた」、「ごく、たまにやっている」人も多いかもしれません。

 

それはなあに?
どういうこと?

 

答えはとてもシンプルです。
そして、誰もがそれを再び取り戻すことが出来ます。
方法論も確立されている。
実績、実例も豊富です。

この後、明らかにしていきたいと思います。

 

22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)
(30日以外は午後開催)に、

「15分会議術」等の実体験を通して、
トップリーダー養成塾言語化出来ない魅力
あなたにも体験してもらえればと思っています。

ご案内はもう少しだけおまちください。

 

トップリーダー養成塾 主催 松岡克政(まつかつ)

インフォメーション

8月5日(土)には3年ぶりの松岡によるマインドマップ基礎講座を実施します!!!
(翌日は中級講座を実施します!)

その他取組み一覧はこちらからどうぞ

イメージ


イメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。